手順を紹介 Gmail新機能Meet・Chatを使わないから非表示にしてみた!

スマホ

Gmailの新機能Meet・Chatは今のところ、使う予定がない…

在宅ワークの拡大を受けて、Googleが、Gmaiに新機能の「Meet」や「Chat」を導入しましたね。

この機能って、在宅ワークをする人にはものすごく便利だよね。

と、思う反面、私の場合、そもそも在宅ワークがほとんどない仕事なので、ちょっと邪魔かも…なんて思ってたりもします。

 

出来ればGmailのMeet・Chatを非表示にして、Gmailを今まで通り使いたい!

ということで、Gmaiの設定機能をいろいろ触ってみたところ、非表示にすることに成功しました。

なので本日は、GmailのMeet・Chat機能を非表示にする方法について、画像で分かりやすく紹介していきますね。

タイトル下




GmailのMeet・Chat機能を非表示にする方法

Gmailの画面に表示される「Meet」や「Chat」といった機能ですが…使わない人も多いんじゃないかな。

実際のところ、私もまだ使っていません。

なので、非表示にしようと思って、ネットで調べてみたのですが、結構簡単に出来るみたいですね。

やり方は2パターンあります。

・ワンクリックで非表示にする方法
・設定から変更する方法

それぞれわかりやすく解説していきますね~。

ワンクリックで非表示にする方法

まず最初に、Gmailの新機能「Meet」や「Chat」をワンクリックで非表示にする方法を紹介していきますね。

ですが、これは表示されている「Meet」や「Chat」の下に、吹き出しに「”」のマークのアイコンがあるのが確認できますよね。

そのアイコンを左クリックするだけで、画面からGmailの新機能「Meet」や「Chat」の表示が消えます。

次に設定から変更する方法について紹介していきますね

設定から変更する方法

設定から非表示にする方法ですが、実際にやってみたところ、これは、完全にGmailの画面から消すことができます。

(もちろん、再表示させることもできます)

逆にいうと、上で紹介したやり方ですが、この場合、Gmailにログインしている間は画面から消えています。

ですが、次の日とかに再度ログインすると、また表示が現れるんですよ。

なので、ログインのたびにいちいちやらなければならないんです。

 

ですが、これからしょうかいする、設定から変更する方法であれば、いったん設定を変更してしまえば、あとは再設定しない限りずっとそのまま。

なので、「明日になったらもう一度…」というわけではなりません。

ですから「Meet」や「Chat」はしばらく使わないから…という人にはおすすめの設定方法です。

 

やり方ですが、まず最初に、Gmailのサイドバーに「ラベル管理」という項目がありますので、その部分を左クリックします。

(「もっと見る」に隠れている場合がりますので、その場合は、「もっと見る」をクリックして開いてください)

そうすると次の画面の上部に「ChatとMeet」という項目がありますので、その部分を左クリックしてください

そうすると次の画面では、

チャット:

チャットON
チャットOFF

ミート:

メインメニューに Meet セクションを表示します
メインメニューから Meet セクションを非表示にします

という項目があり、そのどちらかに丸いチェックがはいっていると思います。

このチェックを、

・チャットの場合
→チャットOFF

・ミートの場合
→メインメニューから Meet セクションを非表示にします

にいれて、「変更を保存」をクリックすると、完了!

これで、Gmailの画面から「Chat」と「Meet」の表示が消えます。

まとめ

ちょっと長くなってしまいましたので、要点をまとめてみますね。

Gmailの新機能である「Meet」や「Chat」ですが、邪魔だと思うのであれば、画面から非表示にすることができます。

 

やり方は2通りあって、

・画面下の、吹き出しに「”」のマークのアイコンを左クリックする方法

→この場合、非表示にできますが、再度ログインした時にまた表示されます。

 

・設定から変更する方法

1.「ラベル管理」を左クリック
2.「ChatとMeet」という項目を左クリック
3.チェックを
→チャットOFF
→メインメニューから Meet セクションを非表示にします
4.「変更を保存」をクリック

→この場合、再度ログインしても「Meet」や「Chat」は非表示のままになっています。

 

「Meet」や「Chat」を非表示にするやり方は2種類のやり方があって、機能もそれぞれ違いますので、自分に合わせて使い分けてください。

本日の記事は以上です。

最後までお付き合いただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました