【ブログ初期のつまづき解決】Googleアドセンス 広告を2つ並べて貼る手順

ブログ

Googleアドセンスの審査を通過!

早速アドセンス広告を掲載しようとやってみたものの、

思うように広告を貼れない!!

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

広告の貼り方が分からなくては収益に繋がりませんよね…

私もその一人です!

今回は、「広告を並べて貼る方法」を模索して、なんとかできましたので、その手順を書きたいと思います!

※スマホでは原則この出し方が禁止されているので、パソコンのみになります

「広告を並べて貼る」ダブルタングル

ちなみにこの手法は「ダブルレクタングル」といい、少し前に主流だった貼り方だそうです…

でもまだ効果があるとのことで、私も実践しています。

「関連広告」「リンク広告」がない!!

「広告を並べて」貼ってみようと思い、ネットで調べていると、

たくさんサイトがあり、

「簡単にできそうだ!」と思います。

ところが…

こんな画面からの説明が多くありますが、私がアドセンスを開いても…

いろんなサイトでおすすめされる「関連広告」「リンク広告」がない!!

安心してください!

なくて当然。

「リンク広告」は廃止され、2020年の合格者には発行されていないようです。

「関連広告」については、ビュー数やクリック数が上がらないと現れないボタンで、

初めてすぐにはないのが当たりまえです。

レベルアップすると、もらえるアイテムのようなもの…

この時点で、「こんな感じで、できるのだろうか…」と不安になっていましたが、この後の手順通りやれば大丈夫です!

ウィジェットを使用する

広告を貼るのに、ウィジェットを利用している方が多いと思いますが、今回もこのウィジェットの中の「カスタムHTML」を使用します。

他のサイトでは、新規のプラグインをインストールして作る方法がたくさん出ていますが、どれもやってみたところ、初心者にはむずかいしい…

いろいろ試してみましたが、ウィジェットを使う方法が比較的簡単にできます。

実際の手順

手順①アドセンスで広告コードを作成

まずは、記事内に並べて作るための広告を作ります。

アドセンスのホーム画面 ☞ 左の「広告」をクリック

ディスプレイ広告を選択

最近は、記事のスペースに対応してくれる「レスポンス広告」を設定できますが、

今回は「固定」で大きさを決めて入れます。

広告の名前を入力しますが、2つ並べる広告それぞれにコードが必要になるため

①「●●●ブログ 記事下336×280 右」

②「●●●ブログ記事下336×280 左」

などと名前を付けておきます。

今後も広告はたくさん増えていきます!収入を把握するためにも、サイトの名前や広告の位置などの情報はタイトルに入れておきましょう。

大きさは「336×280」にします。

発行されたコードを「コードをコピー」でコピーします。

手順②ワードプレスのウィジェットにコードを貼付けて配置

ワードプレスへ戻ります。

ダッシュボードの「外観」☞「ウィジェット」を選択

下記の「カスタムHTML」を利用しますが、

まずは、「カスタムHTML」をドラッグして、

右上の「投稿本文下」でドロップして、入れます。

手順③「カスタムHTML」に入力するコード

「ふたつ広告を並べる」ためのコードを作成します。

今回は、下のコードをコピペして使用ください!

赤下線の部分は、「手順①」で作った、右左それぞれのコードに差し替えます。

<tbody>
<tr>
<td>表示させたい広告(左)のコード</td>
<td>表示させたい広告(右)のコード</td>
</tr>
</tbody>

上の、水色枠内を完成させたら、「すべてをコピー」して

「外観」☞「ウィジェット」☞「投稿本文下」にある

(さきほど手順②でいれました)

「カスタムHTML」内の「内容」に先ほどコピーしたコードを入れ、

「保存」☞「完了」されれば、完成です…

手順④ スマホで表示させない

ここで大事なことがもう一つあります。

スマホでは、連続した広告を貼ることを禁じられています。

そこで、先ほどコードを入力した「カスタムHTML」内

下の方に、「ウィジェットのロジック」に

!is_mobile()

を入力します。これで、スマホ(モバイル)では、この広告が

表示されません。

「ウィジェットのロジック」とは、〇〇の場合に表示という

条件が付けられるタグです。

入力した、!is_mobile() は、訳すと「モバイルでないとき」

と打ち込んであります。

つまり、

「モバイルでないとき」は「二つならんだコードの広告」を

表示しなさい、となります。

これで、PCの方は完成です!

手順⑤ モバイル用の広告を作る

手順④までを完了すると、

モバイルで見た場合の、一番下の広告が全くない状態となります。

モバイルで2つつづけた広告は禁じられているので、

モバイル用に、1つだけ広告を入れます。

先ほどの応用ですので、これは簡単です。

テキストのウィジェットに、1つだけのコードを張り付け、

「ウィジェットのロジック」に先ほどと反対の

is_mobile()

を入力します。

! が「~でないとき」という意味なので、

今回は、「モバイルのとき」は「このコード」を表示しなさい

となります。

ここまででしっかりと保存すれば、すべての設定が完了です!

お疲れさまでした!

PC,モバイルそれぞれを確認して、

しっかり意図した広告配置になっているか見てみましょう!

追記

じつは最後の最後に、このウィジェットの保存作業が完了せず…

いつまでたっても完了にならない…ということが起こりました…

まさか・・と思いましたが、サーバーのセキュリティに攻撃認識されて、保存完了できないのでした…

いままでこのタイミングで何度かあったことなので、冷静に対処できました。

ちなみに私のサーバーは「CONOHA WING」です。

万が一もあるので、以前私が書いた記事もリンクしておきますね。

 

これで完成です!!

あとは、サイトを見て確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました