重い荷物を運ぶ道具3選!知らないと損!あれば体の負担軽くなる!

DIY

重い荷物を運ぶ道具3選!

体の負担軽減にとてもおすすめです!

引越しや、日々の作業で腰を痛めた…

そんなこともよく聞きます。

力には自信があっても、

ふとした瞬間にギクッっとなっては、

一大事です。

今回は、重い荷物を動かしたり

運んだりするときに大活躍してくれる

グッズ3選を紹介します!

 

重い家具も楽々移動 便利グッズを紹介!

タイトル下




大洋精工 らくらくヘルパーセット

キャスターの付いたらくらくヘルパーセットです。らくらくヘルパーセットは、キャスターが付いた四つの台車と、てこの原理で持ち上げるリフターが付いたセットです。

なんと300kgのものも移動できちゃいます!

これを一つ持っておけば、部屋の模様替えがいつでもできるようになるので、頻繁に模様替えをする人は一つ購入しておくと安心です。


ニチアス カグスベール プロ

先ほどのらくらくヘルパーと違い、まずは自力で家具を持ち上げる必要がありますが、家具の下に一度入れてしまえば、あとはすいすい!

これは家具の下に敷いて、移動させるだけのために使えるものなので、持ち上げるときは何人かで作業するのであれば問題ありません。1人だとちょっと大変かも…

大きさと形の違う種類もあり、四角や三角、楕円形もあります。

家具の大きさや形に合わせて選ぶとよいです!埃や砂など床が汚れた状態で使うと床が傷つく可能性もあるので、運ぶ前に掃除をしたほうがよいです。

キャリーラクダ

同じベルトの商品ですが、こちらは身体自体にかけて使うもののようです。

身体に取り付けるのでより安定感があります!

二人で運ぶ前提なので、だれかに手伝ってもらう必要はありますが…

身体に掛けるベルトが二本、運搬用のベルトが大、小と二つのセットになっています。大が360×12cmで、小が200×12cm。家具などの長さに合わせて使い分けましょう!

最大重量はなんと365kg!


キャリーベルト

3選と言いながら、4つ目になってしまいましたが…

ベルト状になった商品で、二本のベルトを家具に取り付けて運びます。

一人でも使えますし、二人で両側から運ぶこともできます。

どちらかというと、二人向きではあります…

持ち上げて移動ができ、両手も空くので、階段などの移動しずらいところも安心です。

長さは2.72m、幅4.5cm。二本のベルトに、家具と腕を引っかけて使います。荷物の下にベルトをクロスさせるとより安定します。

長さの調節も可能なので、家具の大きさに合わせて調節できるのが特徴です。よく考えられてます!


まとめ

いかがでしょうか?
無理して腰を壊してしまうと、
一生にかかわります…
体の負担を軽くする道具も
年々進化していますので、
ぜひひとつ手に入れてみてください!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました