夏休み読書感想文どの本を読んだらいい?おすすめ児童動物小説「オーロラの下で」

こどもと一緒に!

夏休みの読書感想文…

どの本を読んで、なにを書いたらよいのか…

私も大の苦手でした!

小学4年生の夏に出会い、

感動して、まさに感想文を書いた本…

これをきっかけに動物文学を読むことになった本を紹介します!

「オーロラの下で」 戸川幸夫:作

メラメラ燃えるオーロラの下…

吹雪の日に生まれ、母犬ユーコンの豊かな愛情のなかで育ち、

トナカイや灰色グマと闘いながら、

たくましく成長するオオカミ犬バルト―。

やがて、人間社会に生き、そり犬のリーダーとなる。

動物たちを長い間追いつづけてきた作者が、

雪と氷の世界を舞台にスリルに富んだタッチで描く動物文学

引用:フォア文庫 オーロラの下で

物語は、親子2代のハスキー犬と、人間の絆

ハスキー犬とオオカミの間の絆

を描いています。

不思議な運命の中で出会う

人と犬とオオカミたちが

最後は、人の命を救うために

ひとつになってことを成し遂げる

最後のクライマックスにむかって進んでいきます。

実は、ひさしぶりにこの本を手に取り、

30年?ぶりほどに読み返しました。

確か映画にもなったよな~

映画は役所広司主演だったけど

期待していた割に面白くなかったような…

 

壮大な風景や

犬、オオカミの心情などを描くのって難しいのですね…

 

物語最後に血清輸送成功のニュースがワシントンに伝えられ

ニューヨークに銅像が作れられ…

とあり、少年のころの私は

この話が実話だと思っていました。

どうも創作らしいのですが…

 

でもオオカミに守られながら、人びとを救うため

犬ぞりが必死に町を目指すシーンは、

とても感動しました。

物語は、時の流れと共に、

極北の地で

人間と関わりながら生きたハスキーの母親の物語

運命のもとで力いっぱい生きたその子であるオオカミ犬の物語

とバトンが繋がれて進んでいきます。

 

舞台はオーロラや白夜などのひろがる

北極であり、

壮大な風景とともに、厳しい大自然が感じられます。

 

その中で紡がれた、

人と犬

犬とオオカミ

そして

3者がこころを通わるクライマックス

動物文学が好きな方はもちろん

本選びに迷っている方におすすめの一冊です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました