夏休みの工作 男の子に人気の 手作り!ペットボトルロケット!小学生の 宿題解決!

DIY

夏休みの宿題工作がなかなか決まりません…なにかよいアイデアがあれば教えて!

男の子の工作にピッタリ!かんたんペットボトルロケット!

今回おすすめするのは、ペットボトルで簡単に作るロケットです。

圧力を加え、空気の力で発射するのですが、何度かやるとコツがつかめ、

かなりの勢いで発射!飛距離もあり、子供の手伝いをしながら私も十分楽しめるものでした!

楽しんでしまい、写真が少ない…

またやろうと思っていますので、改めて写真を追加しますが、今回は工作のアイデア(ネタ)としてこちらへ書き込みします!どうかおゆるし下さい…

作り方・材料

本当に簡単にできます。家にあるものを利用できるので、私が書くものがない場合でも、何か代用品を考えると代替が可能かと思います。

どうしても必要なものは、「空気入れ」と「ゴム栓」ですね…

材料は、

①ペットボトル 500ml(1.5lも試してみましたが、500mlの方が飛びがよく、楽しい!)

②ゴム栓 ホームセンターで売っています。ペットボトルの飲み口にはまり、栓ができるものであればどれでも良いです。写真にあるゴムクッションはあらかじめ、真ん中に穴が開いているので、使いやすいです。

③自転車の空気入れ これは必須です。ペットボトルへ空気を入れるのに使います。

④発射台 我が家はバーベキューのクーラーボックスを運ぶ荷台(タイヤ付き)を設置して発射台にしました(写真を参照ください)

これは、家にあるもので何でも代用可能なので、ここを子供と考えるもの面白いと思います。

実際にやってみよう!

①まずは、ゴム栓を空気入れの先に着けます。ビニールテープなどをしっかり巻き、空気が漏れないようにします。

また、途中でぬれてくるので、それでテープが緩くならないように厳重に巻きます。

②ペットボトルの1/3ほどに水を入れたら、ゴム栓をしっかり奥まで入れてふたをします。

③ペットボトルをさかさまにして、飛ばす方向を向くように固定します。

④ここまでセットできたら、あとは発射!です

⑤空気入れで空気を入れていきます。ペットボトルの中に空気が入り、ゴボゴボという音とともに、ペットボトルに力が入っていきます。

⑥圧力が限界まで来ると、ついに発射!!🚀🚀🚀

⑦空高く飛んだペットボトルが遠くへ飛んでいきます!

飛距離を楽しむのもよし!舞い上がる高さを楽しむのもよし!

それぞれの基準を作って楽しみましょう!

 

☟ 少し横着…でも本格ロケットができちゃう!

☟ 作って遊べる!宿題だけど…せっかくだから遊べるものを作ろう!

いろいろ試してみよう!

ノーマルのロケットが成功したら、いろいろ試してみても楽しいですよ!

🚀ペットボトルを大きくしてみる

🚀角度をいろいろ変えてみる

🚀水の量を変えてみる

🚀水をコーラやサイダー、ビールに変えてみてもよいかも…

🚀羽をつけたり、ヘッドをとがらせてみたり

我が家もいろいろと試して記録、工作の研究発表にしました!

おとなも楽しめておすすめです!!

最後までご覧いただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました