【スクリーンショット】簡単!スクショの画像を高画質で貼り付ける方法

スマホ

スクリーンショットの画像が粗い…

パソコンで書類や企画書、ブログなどを書いているとき

スクリーンショット(プリントスクリーン)でコピーした画像を

貼付けて使用することって多いですよね。

でもスクショした画像って粗くて、ぼやっとしていませんか?

「ペイント」アプリを使い「PNG形式」で保存

スクリーンショット(プリントスクリーン)で画像を保存して

貼り付けると、通常は「JPEG形式」で保存されます。

JPEG(ジェイペグ)形式とは、

画像の保存形式で、解像度が軽く、

簡易に画像を保存するのに便利な形式です。

それだけに、画質が粗くなってしまいます。

そこで、JPEGと比べて、高画質の保存ができる

「PNG形式」で保存をして、貼り付けることで、

画質がきれいになります。

PNG形式での保存方法

PNG形式で保存するには、ウィンドウズに標準で入っているソフト

「ペイント」を使うと簡単です!

まずは、いつも通り、プリントスクリーンで、画像をスクショします。

Fn ファンクションキー + PrtScr プリントスクリーン

次に「ペイント」ソフトを立ち上げます。

ペイントが立ち上がったら、スクショの画像を貼り付けます。

左上の「ファイル」をクリック

「名前を付けて保存」の画面で、「PNG画像」を選択

ファイル形式「PNG画像」で保存します。

あとは貼り付けるだけ

これで、「PNG形式」の画像が保存できましたので、

あとは、使用する書類や企画書、ブログなどに、

この画像を貼り付けるだけです。

「JPEG画像」でのボヤ~っとした画像と比べると

だいぶきれいな画像となるはずです。

「JPEG形式」と「PNG形式」の違い

なぜ形式を変えると、画質がかわるのでしょう…

JPG形式とPNG形式で保存したファイルのプロパティを見ると違いが分かります。

下記はある画像を保存した時の違いです。

保存画像によって数値はかわるので、参考としてご覧ください。

項目 JPG PNG
ビットの深さ 24 32
サイズ 268KB 622KB

違いは「ビットの深さ」と「サイズ」にあります。

「ビットの深さ」とは、ビット深度・色深度・カラー深度などとも呼ばれ、

1ピクセルが表現できる色の数のことです。

24ビットカラーだと1677万色、32ビットカラーだと1677万色となり、

ビットの深さが高いほど表せる色が増え、高画質になる一つの要因となります。

「サイズ」は、解像度と比例します。

サイズが小さければ解像度が低く、サイズが大きければ解像度が高くなります。

つまり、画像サイズが大きければ画像の細部まで表示することができます。

という理由で、画像の見た目が変わってきます。

下記、参考までに貼り付けておきます。

比べてみてください。

① JPEG形式で保存した画像

② 「PNG形式」で保存した画像

参考にしていただければ嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました