【ブログ初期のつまづき解決】サイトに繋がらない!まずやってほしい「キャッシュの削除」と「クッキーの削除」

ネット

ブログ開設から6か月で月1万円の収入を得た私が、

つまずいた色々を綴っておきました!

他の解説や、ブログの始め方の本などを見ても

なかなか解決方法が分からなかったあれこれです!

これから始める皆さんに少しでも参考になれば

嬉しいです!

 

インターネットを使っているときに、

突然、あるサイトだけアクセスができない!

こんなことが起こることがあります。

☝ こんな表示が!!

ブラウザのホーム画面や、ほかのサイトにはつながる…

こういった症状のときに、まずやってみてほしいのが、

「キャッシュの削除」と「クッキー閲覧履歴の削除」です

この後詳しく説明しますが、ネットをスムーズに表示するために、

キャッシュや、クッキーといった機能が働いています。

しかし、これらのデータが増えることで、サイトへのアクセスに

不具合、エラーが生じることがあります。

今回はそれぞれの役割を理解したうえで、削除を行ってみましょう!

これで回復することも多いので、是非やってみてください!

もちろん、サイトにアクセスできない原因は、ほかにも考えられます…

これをやってみてダメだったら、ほかの対策についてもやってみてください!

そもそもキャッシュとは

よく見かける言葉に「キャッシュ」があると思います。

しかし…そもそも「キャッシュ」てなんだろう…

簡単に言うと…

一度開いたページのデータを保存しておき、

次に同じページを開くときには、ネットにつながずに、

保存したページを瞬時に表示してくれる仕組み

のことです。

キャッシュ機能は、ブラウザが持っている機能です。(グーグルクロム、インターネットエクスプローラ、サファリなど)

インターネットを使用していて、あるサイトを開いたとします。

すると、ブラウザが、そのページの「画像」やデザイン」などの情報を保存します。

その後、同じページを開こうとした際に、保存している情報をひっぱり、

瞬時に表示させる、ということになります。

ブラウザ上にはこういったキャッシュが多く作られていきます。

保存容量が決まっていて(変更も可能です)容量オーバーすると、古いものから削除されていきます。

ブラウザごとに、この「キャッシュ」の保存容量が限界を超えると、古いものから削除されていきます。

保存領域がいっぱいになると、アクセスにも影響がでてきます。

サイトに繋がらない原因の一つにもなります。

スーパーリロード

書いた通り、キャッシュを有効にしておくと、

次回に開いたときは、ネット上ではなく、ブラウザ上に保存されたサイトを

開く事になるので、最新情報が常に更新される場合は、

古いサイトが表示されることになります。

この場合に、一旦ネットにつなぎ、最新のサイトを見る方法があります。

やり方は簡単!スーパーリロード
Windowsの場合 ⇒  ControlF5
Macの場合   ⇒  CommandR

これで、一旦ネットに繋がり、最新のサイトを表示するようになります。

キャッシュの削除

定期的にキャッシュを削除することで、キャッシュのデータを消し、容量を確保することができます。

ちなみに、各ブラウザごとにやり方が違います。

下記キャッシュの消去については、ブラウザごとにやり方が違うので、下記を参考にしてください!

グーグル クロム の場合

💻【ウインドウズマーク】をクリック

💻【設定】をクリック

💻 Chrome を起動、【環境設定】 を選択

💻設定ウィンドウが表示されたら、

詳細設定】 をクリックします。

💻設定ウィンドウの【プライバシーとセキュリティ】【閲覧履歴データを削除する】をの順にクリック。

💻【キャッシュされた画像とファイル】にチェックをし、【データを消去】をクリックします。

💻完了

インターネットエクスプローラ の場合

💻インターネット・エクスプローラーを開いて右上の【⚙ 歯車マーク】をクリック

💻【インターネットオプション】をクリック

💻【全般】タブを開く

💻【閲覧の履歴】にある【削除(D)】をクリック

💻【インターネット一時ファイル】にチェックをつける

💻右下の【削除】をクリックして完了

Cookie (クッキー)とは?

こちらもよく見る【cookie】って何?

ネットをやっていると、良く見かけます。

Cookie(クッキー)とは、ホームページを訪問したユーザーの情報を一時的の保存する仕組み(またはそのデータ)のことです。

あるページを訪問すると、、ID、パスワード、メールアドレス、訪問回数などがユーザー情報として保存されます。

これによって再訪問したときにユーザーを特定し、情報を入力する手間が省ける!

という仕組みです。

よく見るサイトを訪問すると、既ににログイン状態のことがあります。これは、Cookie機能がはたらいているからなんです。

Cookie(クッキー)のデメリット

Cookie(クッキー)を有効にすると、

上述した通り、私たちがWebサイトを訪問して過去の履歴からログインできたりするのは、

Cookieのおかげなんです。

Cookie(クッキー)を有効にしておくデメリットは、

パソコンやスマートフォンを盗難されてしまった時に、

情報を悪用されやすいことが挙げられます。

悪用されないように、パソコンやスマホを紛失しないこと、

ロックをかけるなどあらかじめ対策しましょう!

Cookie(クッキー)の閲覧履歴を消去する

Google Chrome の場合

 💻 一番下までスクロールして「詳細設定」をクリック

 💻「閲覧履歴データを消去する」をクリック

💻「閲覧履歴」「Cookieと他のサイトデータ」

「キャッシュされた画像とファイル」にチェックマークを付ける

※消したくないものがある場合はチェックをはずす

💻「削除」を選択 → これで 設定完了です!

Microsoft Edge の場合

  1. 「…」>「設定」をクリック
  2. 「クリアするデータの選択」をクリック
  3. 「Cookieと保存済みのWebサイトデータ」にチェックを入れる
  4. 「クリア」をクリック
  5. 「すべてクリアされました」で削除を確認

最後にパソコンを再起動

ここまでの作業が完了したら、パソコンを再起動しましょう!

これで、データが軽くなり、つながらなかったサイトへつながる可能性が

上がります!

いかがでしょうか…

解決できましたか?

お役に立てなければ…申し訳ありません。

他のこともお試しいただきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました