【車中泊】冬の寒さ対策のおすすめ方法を紹介!氷点下でも快適車中泊

車中泊のすすめ

冬の車中泊。寒さ対策が大事です!

実は夏の暑さに比べれば、冬の寒さは対策がしやすいです。

対策の方法、グッズなどを紹介します!

暖かく過ごすコツは「断熱」と「加熱」

日中走行する際は、車の暖房で温かく過ごせるので、

車中泊の寒さ対策=寝るときの寒さ対策

ということになります!

ちなみに、暖房をつけっぱなしで眠る方法もありますが、

毎年一酸化炭素中毒のニュースがあるように、

危険が伴うのでおすすめはできません。

【車中泊】冬の車中泊!エンジンをかけっぱなしでもOK?危険は?防寒は?
冬に車中泊レジャー!夜にエンジンかけっぱなしで暖房すれば眠れば安心?危険はない? ...

では、車の暖房を使わずに、車内で暖かく過ごすためには

どうしたらよいでしょうか…

有効な寒さの対策は2つあります。

寒さを車内に入れない「断熱」と

車内を暖かくする「加熱」の2つです。

「断熱」について

断熱で大事なポイントは2つ。

「外の寒さを車内に入れないこと」

と「車内の暖かい熱を冷やさないこと」です。

車内の熱を冷やさない

まず第一にやることは、車内の熱を冷やさないことです!

というのも、暖房がなくても、実は、

人は常に熱を放出しているので、

体温だけである程度の暖かさを得られます。

寝ている間でも100ワット程度の熱放出をしているんです!

発生したこの熱を冷やさずにいれば、簡単な電気毛布並みの暖かさを得られます。

そのためにおすすめなのは、

・シュラフ

・羽毛布団

・毛布

・レジャーシート(銀マット)

シュラフは必須アイテムかと思います。登山をする方は冬山のテントでシュラフに入って眠るので、もともと寒さ対策としては最適ですよね。

ただししっかりしたものは高価でもあるので、布団や毛布で乗り切りましょう!

またレジャーシート(銀マット)はそのまま床に敷いて、下側の断熱にも使え、窓のサイズに切ることで、窓からの断熱にも効果がある優れものです!

外からの冷気の断熱

つぎは、外からの冷気の断熱です。

おすすめの方法は

・レジャーシートで窓をふさぐ(ジャストフィットに切って使います)

・毛布または、フリース布で車内全体を覆う

特に空気が冷えるのは、薄いガラス1枚の「窓」や、床下、トランクのドアの隙間などです。こういったところから隙間風などが入らないように、隙間なく覆います。毛布やフリース布は、何枚かを10cmほど重ねながら使います。

特にフリース布は毛布よりも断熱効果に優れているのでお勧めです。

全体のイメージは、布でおおきな袋を作り、その中に布団を敷いて眠る感じです。

ここまでの断熱がしっかりできれば、実は、気温がマイナス少々でも暖かく過ごすことが可能です!

「加熱」について

「断熱」がしっかりできたら、車内が冷えにくい環境ができたので、あとは「加熱」を準備することで、さらに寒いところでも快適な状況を作ります。

加熱におすすめは、

・湯たんぽ

・カイロ

があります。

ただ、どうしても寒さが心配な方は、電気を使い、さらに過熱することもできます。

・電気毛布

・ヒーター  など

結露の問題

冬の車中泊で暖かい空間を作れても、やってくるのが、

「結露」の問題です。

目覚めると窓側がびしょぬれ、、

夜中に水が滴り、目が覚めるなど、、

結露は、車内の水分を含んだ空気が、温度の低いものに触れて冷えることで起きる自然現象です。

結露をなくすには、

・温度の低いものに触れないようにするか、

・空気中水分を減らす

ことが必要になります。

しかし、そもそも空気中にある水分に加え、寝ている間に僕たちが自然に発している汗や呼吸により、室内には割合と水分が多くあります。

室内にある水分を減らすのはかなり難しい…

ので、温度の低いものに触れないようにする ことを考えましょう!

方法は先ほどの「断熱」の延長で、

・窓とレジャーシートの隙間をなくす

・フリース布で水分を吸収させる

などが効果的です。

窓とレジャーシートの隙間をなくす

断熱のおすすめとして紹介した、レジャーシート(銀マット)。

それぞれの窓のサイズに切って窓枠にはめるだけで、とても簡単に断熱効果を得られます。しかし、このシートと窓のわずかな隙間があると、室内の空気が入り込み、窓の冷気で冷やされ、シートと窓の間が結露でびっしょり…になります。

そこで、手間はかかりますが、養生テープなどで窓枠に沿って隙間ができないように張り付けましょう!これだけで効果抜群!

フリース布で水分を吸収させる

断熱でおすすめのもう一つが、毛布やフリース布で覆う、でしたが、

結露対策という意味では、フリース布が最適です。

これはフリースの特徴として、繊維の中に水分を取り込める空洞がたくさんあり、車内の水分を布が取り込んでくれるからです。

フリース布を大きく広げて囲むことで、窓へたどり着く前に、水分が取り込まれ、結露が起こりにくくなります。

同様に、給水性に優れるバスタオルなどを、断熱の毛布とは別に広げておくと効果があります。

ちなみに除湿剤をつかってみたことがありますが、効果はほぼありせんでした…除湿剤が吸収するよりも、窓で結露する方が早いからかと思います。


電源を使った加熱

ここまでは、特に電力などを必要としない方法での準備でした。

私の経験から、上記で紹介した方法を取れば、マイナス一桁くらいの車中泊は十分快適に過ごせます!

でも、まだまだ心配…

という方もいるかと思います。その場合は、電化製品でさらに温める方法もたくさんあります。

冒頭で言いましたが、車の暖房つけっぱなしは、本当に危険なので、やめた方がよいです。

電化製品を使うには、バッテリーが必要になります。最近はかなりの出力を出せるポータブルのバッテリーが販売されていて、1万円ほどでもてに入ります!

ポータブルバッテリーについては別記事があるので載せておきますね!

【車中泊】車中泊に最適なポータブルバッテリーはどれを選べばいい?機能を詳しく解説!
車中泊でひとつ上の快適な時間を過ごすために活躍するのが、 ポータブル電源です。 携帯やカメラの充電、冬の電気...

電源が有れば、簡易な暖房や、電気毛布などでさらに快適な空間が作れます!

まとめ

冬の車中泊対策は、

行先や日程、車種や人数によっても、用意が変わると思います。

ただ、夏の暑さと比べると、冬の方が過ごしやすいです。

体の熱だけで、過ごすか、

電気を使ってしっかり車内を温めるか、

あらかじめ準備万端にして、快適な冬の車中泊を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました