プリングルスが小さくなった?味も違う! 定番のサワークリームオニオンも!あの味をもう一度食べたい!

こどもと一緒に!

プリングルスが小さくなった?味も違う! 定番のサワークリームオニオンも!あのプリングルスをもう一度食べたい!

学生のころ初めて食べて

それまでのポテトチップスとの違いに衝撃を受けた

プリングルス!!

なんといっても「サワークリームオニオン味」が人気でした!

先日奥さんと、久々にプリングルス買ってみる?

とスーパーで手にしたところ…

「んっ?」

「なんか小さくないか…」

「おれらがでかくなったのか…」

という違和感…

家に帰って開けてみると、

「やっぱり小さい!!」

「しかもチップスの質が変わっている!!」

というショッキングな事態に!

あの味… を文字では表現しづらいですが…

薄くて、パリッとしていて、ほどよい酸味の

ほかのどのチップにもない あの味…

久々に食べたのは、少し厚くて、食べ応えのある感じ…

どこかで食べたことあるような、、

そう!チップスターだ!

ポテトチップの部分がチップスターに似た食感になっている!!

チップスターも好きですが、

プリングルスに求めているのは全く別なんだよな~

並べてみたら、チップスターよりも小型でスリムに…

びっくり!

しかも気になったのが、

お店の標記が「プリングルズ」になっていること

「ス」でなくて「ズ」なんです…

なんで??!

ちなみにプリングルズとは

プリングルズ (Pringles) は、P&Gによって開発された成形ポテトチップスの商標である。世界140か国以上で販売され、年間10億USドル以上を売り上げているP&Gの食品事業撤退による売却にともない、2012年以降はケロッグが商標権を所有している。

と説明にある通り、2012年にP&Gから、ケロッグへ売却されているらしい…

ここに、味の違いがあるに違いない…

ちなみにびっくりした「プリングルズ」はもともと「ズ」であっているようです…

さらに調べていくと…

P&G(プロクターアンド・ギャンブル)が食品事業から撤退して、ケロッグが商標権を取得した後、ケロッグが2015年にマレーシアに新工場を設立し、アジア向けの大きさとフレーバーで生産を開始した。とあります。

要は、アジア向けに新たに大きさやフレーバーを研究し、よりアジア向けの商品に改良したということですね。

しかし、そもそものアメリカナイズなあの味からは程遠くなり、

私のような人を生んでしまっているようです!

アメリカ産とマレーシア産の比較

アメリカ産に比べ、一枚一枚の大きさが小さくなったことは間違いありませんが、

実際の表示を比べて見ました。

内容量

まずは、筒の中の内容量

アメリカ産158g、マレーシア産110g

原材料

原材料は、アメリカ産が「じゃがいも」

なのに対して、

マレーシア産は「ポテトフレーク」

なのです。

一枚の大きさ

一枚の大きさは、アメリカ産の方が大きい

厚さ

厚さはマレーシアの方が厚い

しかし厚ければよいわけではなく、

以前の薄さが私の感じた美味しさであることに間違いありません。

以前のパリパリでなく、チップスターのような食感…

(なんども言いますが、チップスターも好きです…)

味の濃さ

アメリカの方が当然濃い味、、と思ったら、

以外にマレーシア産の方がパウダーが濃いことが分かりました。

しかしこれも、濃ければ美味しい、というわけではない…

やっぱりあのアメリカ産が食べたい!

理由も分かり、違いも分かり、納得はしたものの…

結論は、

「あぁ やっぱりあの味をもう一度食べたい!」

でも…

スーパーに行っても、コンビニを探しても、

あるのは「マレーシア産」のみ。

家に帰り、

何と無しにネット検索したら…

何とアメリカ直輸入で手に入るではありませんか!!

とうことで早速手に入れてみました!

アメリカ直輸入の「サワークリームオニオン!」

1個単位ではさすがに手に入りませんが…

蓋を開けなければ、結構もちますし…

☟ 一応サイトものっけときます!

やっぱりこれですね!!

☟ ほかの味も楽しめる!アメリカ版の味いろいろセット!

コメント

タイトルとURLをコピーしました