部屋干しはサーキュレーターだけで大丈夫!その理由と特徴、選び方を紹介します!

家族ライフ

部屋の空気を循環させたり、暖房効率をよくしたり、

風を送ることに活躍してくれるサーキュレーター。

送りたい場所に、強い風をずっと送り続けることができるので

洗濯ものの部屋干しに最適なんです!

でも、それぞれの家の大きさや、場所、

乾かすものによって効果は違います。

なるべくエコに最大の力を発揮するための

選び方を紹介します!

ぜひ購入の際の参考にしてください!

サーキュレーターが部屋干しに向いている理由

部屋干しの洗濯ものを乾かすためには、

風の動きを、ピンポイントであて、より早く乾かすことが大事です!

乾くのが遅いと、生乾きの嫌なにおいの元になります。

部屋干しは、外で干すのと違い、風や日光がないため、

乾かしたいものに、直接強い風を当て続ける必要があります。

この「直接」「強い風」「あて続ける」ことができるのが

サーキュレーターの最も大きな特徴です!

扇風機などと比べてもとても向いているのです!

サーキュレーターの特徴

直接当てる

サーキュレーターのもっとも特徴的な機能は、

角度の調整が思いのままである点です。

真上を向いたまま固定できるタイプや、

360度回転できるタイプなど、

角度の調整が思い通りにできます。

強い風

サーキュレーターは直線的に強い風を送ることが出来ます。

ほとんどの機種は強弱をつけることもできるので、

MAXで強力な風を送り続けることができます。

あて続ける

サーキュレーターは消費電力が少ないのも大きな特徴です!

長時間の運転であればあるほど、他の電気機器と比べ

電気代が安くなります。

タイマーの付いた機種も多いので、

不在時に風を送り続けることもできます。

部屋干し向きサーキュレーターの選び方

では実際に、自分の部屋に最適なサーキュレーターを

選ぶポイントを確認していきましょう!

①広さ「適応畳数」と「到達距離」

洗濯物をどこで干すかによって、選ぶサーキュレーターは変わります。

お風呂場や洗面所など狭い場所で乾かす場合には

コンパクトなタイプでも問題ありませんが、

リビングなど広い場所で乾かす場合には、

風力の強い適用畳数が広めのものを選ぶのがコツです。

それぞれの機種には、どのくらいの広さでの使用に適しているか

を示す「適応畳数」

何メートル先まで風が送れるかを示す「到達距離」

が表示されています。

サーキュレーターを設置する場所をよくみて、

ぴったり合った機種を選びましょう!

②モーターの違い

サーキュレーターに搭載されているモーターは、

「ACモーター」と「DCモーター」の2種類があります。

それぞれの違いを確認しておきましょう。

静音性重視の方は「DCモーター」の機種を!

「DC」「AC]とは、電気の流れの違いであり、

直流方式が「DC」、交流方式が「AC」と表記されています。

直流方式(Direct Current)を採用したDCモーターは、

風量を調節しやすいのが特徴です。

微風から強風まで細かな設定が可能です。

また、静音性も高く、電気代が安いことがメリットです。

デメリットとしては、ACモーター搭載モデルに比べ、

本体価格が高くなることが挙げられます。

その分電気代が安いため、長い目でみるとお得かも。

初期コストを抑えたい方は「ACモーター」を!

交流方式(Alternating Current)を採用したACモーターは、

扇風機やサーキュレーターに多く使われているモーターです。

風量調節は弱・中・強と3段階程度の事が多く、

あまり細かい調節はできません。

その分本体価格はDCモーター搭載モデルよりも安く、

初期費用を抑えやすいということがメリットです。

一般的な家庭の量であれば、ACモーターでも十分です。

③さらに嬉しい部屋干し向きの機能

「除湿機能」でさらに早く乾燥!

湿気を吸い取ってくれる除湿器は部屋干しの強い味方です。

機種によっては除湿機能が搭載されたモデルがあります!

空気を除湿しながら、乾いた空気を循環させるため、

洗濯物をより早く乾燥させることができます!

洗濯物の量が多い方や、

とにかく早く乾燥させたい方には最強の機能です!

「アロマ機能付き」で嫌なにおいを撃退!

https://m.media-amazon.com/images/I/41tcMZsKPDL.jpg

アロマパットにアロマを含ませ、

空気と一緒に香りも循環させるアロマ機能。

洗濯物の臭いが気になる際におすすめの機能です。

香りを選べるものもあり、

家や部屋全体にぴったりの香りを選ぶこともできます。

「タイマー機能」「切り忘れ防止機能」で安心

https://m.media-amazon.com/images/I/51dQcFLqA3L.jpg

出かける前に部屋干し、不在中に乾かしたい!

そんな希望をかなえられるのが、タイマー機能です!

つけっぱなしも避けられ、電気代にも優しい!

タイマー機能と似たような機能で、

自動電源オンオフ機能が搭載されている機種もあります。

一定時間運転をすると自動的に電源がオフ!

消し忘れやタイマー設定を忘れがちな方に

強い味方の機能です!

洗濯物が多い日も「首振り機能」で一気に乾燥!

洗濯物の量が多い場合などは、

全体的に風を当てられる首振り機能があると、

ムラなく洗濯物を乾かすことができます。

多くのサーキュレーターには搭載されていますが、

左右に加えて上下に首を振るサーキュレーターもあります。

360度の自動首振り機能や、

真上に設定できるものもあります。

サーキュレーターの首振り角度も確認しておきましょう!

「分解可能な機種」で楽々お手入れ

https://m.media-amazon.com/images/I/41tBvW8T+xL.jpg

衣類の近くで利用していると、

普通に使用するよりもホコリなどがたまる頻度が高くなります。

いつも綺麗な状態で使うためには、こまめなお手入れが大切です。

意外と面倒なサーキュレーターのお手入れですが、

カバーや羽根などのパーツが簡単に外せるものを選ぶと、

スムーズにお手入れが可能です。

また、羽やカバーのないサーキュレーターもあり、

より簡単にお手入れができます!

機能や特徴を踏まえて実際に選んでみよう!

自宅の部屋干しをする場所や

生活スタイルに合わせて機能を選ぶことで、

最大の力を発揮できます!

サーキュレーターの種類は多くのメーカーから

いろんなタイプが発売されています。

次のページ で、各社の機種から、特徴的で

使いやすさや機能の優れているものをまとめてあります!

是非参考にして選んでみて下さい!

「部屋干しにおすすめのサーキュレーターはどれ?人気の機種と機能を解説」

 



まとめ

各用途に合わせることで、

発揮する機能に違いがあり、

何が良いかは人それぞれです!

是非自分にあったサーキュレーターを手に入れて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました