【DIY】初めてインパクトドライバー購入するならどれ?マキタをおすすめする理由!

DIY

初めてインパクトドライバーを買うなら マキタがおすすめ!

これからDIYを始める!方

始めたら、電動のドライバーが欲しくなった!方

どれを買うが迷っていたら、マキタをおすすめします!

インパクトドライバーとは…

はじめて買う道具が、インパクトドライバーという方も多いと思います。

DIYなどであるととても便利な、インパクトドライバー。

ドライバーとしてはもちろん、、ボルトやナット、ドリルとしても使える優れものです!

実は家のDIYと、プロでは、撰ぶものが違います。

今回は家でDIYや普段使いをする前提でお話しします。

よく比較されるドライバードリルは、モーターの回転によってねじを締めるのみの道具です。

インパクトドライバーは、回転とともに、内蔵のハンマーによって衝撃力を加えるため、ドリルドライバーより強力であるのが特徴の道具です。

厚い木材や幅広い材料に対して力を発揮できるので様々な作業を行うのにとても便利です。

トルクとは…

インパクトドライバーの性能を計る指標の一つに「トルク」があります。

ネジの締め付け能力を表したもの、すなわちインパクトドライバーのパワーそのものを表す指標がトルクということになります。

トルクの単位はニュートンメートル(Nm)で

数字が大きくなるほど、締め付ける力が大きいことを示します。

プロ向けはそもそもの強さが違いますが、DIYなどで使う場合は、25〜130Nmといわれています。

ねじを締め付ける力であり、かつ耐久性にも通じる「トルク」

このトルクに定評があり、現行のDIYドライバーの中では最強のトルクをもつのが「マキタ」です。

【 参 考 】

36V仕様のトルク

マキタ  TD001G 220Nm

日立  WH36DA   180Nm

18V仕様のトルク

マキタ TD171DRGX 180Nm

リョービ BID10XR   180Nm

14.4V仕様のトルク

マキタ TD161DRGX 175Nm

リョービ BID-148L5   175Nm

日立 WH14DDL2    172Nm

ボッシュ GDR18V  170Nm

バッテリー

もうひとつの大事な指標に、バッテリーがあります。

家の中や外で作業をする際に、電源の線は大変煩わしいものです。

やはり充電式バッテリーの方が圧倒的に便利。

そこで大事になるのが、バッテリーの容量と、重さです。

各メーカーで開発したバッテリーはそれぞれに少しずつ差があります。

【 参 考 】

電圧7.2V

マキタ TD022D   0.55kg

パナソニック EZ7521 0.55kg

日立 WH7DL     0.58kg

電圧10.8V

マキタ   0.92kg

ボッシュ   0.96kg

日立     1.2 kg

各指標にすぐれ、バランスのよい「マキタ」

「マキタ」は創業から100年以上の歴史を持つ日本国内トップシェアの電動工具メーカーです。

海外における知名度も高く、電動工具のシェアとしては世界でもトップクラスです。

プロからの信頼性も高く、はじめてインパクトドライバーを選ぶのであれば、もっともおすすめできます!


マキタのほかの人気メーカーです

リョービ

リョービも技術力に定評があり、インパクトドライバーは、堅牢性の高さが好評です。

モデルの数が多く、DIYにおすすめの低価格なモデルから、プロの支持を仕様までラインナップが充実しています。

ボッシュ

「ボッシュ」は電動工具で世界トップシェアを誇るドイツメーカーです。世界初のハンマードリルを開発し、業界を牽引してきました。

世界で事業を展開しています。輸入品は日本ボッシュの製品保証対象外となるので、注意が必要です。

サイズや重量が日本メーカー製品に比べて大きめですが、耐久性が高いのも特徴。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました